VWゴルフ7.5のコーディング変更を複数紹介!スマホとOBDelevenで簡単 – デイライト点灯、エアコン風量表示、イージーエントリーなど

VWゴルフ7.5のコーディング変更を複数紹介!スマホとOBDelevenで簡単 - デイライト点灯、エアコン風量表示、イージーエントリーなど フォルクスワーゲン
スポンサーリンク

前回の記事は「OBDelevenの会員登録と接続方法に関して」という内容です。

OBDelevenを会員登録する方法、スマホと車両をBluetoothで接続する方法を紹介しています。

とみっち
とみっち
管理人のとみっちです!TwitterYouTubeもやってます。

今回の記事では、具体的にコーディング変更を10個紹介します!

コーディングを変更することで、通常は使用できない設定などを変更することが可能です。 しかし、誤ったコーディングや、操作ミスで車両に 不具合が発生し、最悪の場合は動かなくなるリスクや メーカーの保証が無効となる可能性があります。 リスクを承知の上、自己責任でお願いします。

コーディング変更した車両はゴルフ7.5Rヴァリアント(MY2018)、OBDelevenアプリを使ったスマホはiPhone XSとなります。

なおOBDelevenは以下の公式サイトから購入することができます。

OBDeleven
\YouTube版はこちらです/

①エアコンAUTOの風量表示 (1クリックコーディング)

エアコンAUTOの風量表示 (1クリックコーディング)

ゴルフのエアコンをAUTOに設定した際、通常は風量が表示されません。

コーディング変更すると、AUTO時にどのくらいの風量になっているか確認できるようになります。

10クレジット使用して、1クリックコーディングで対応しました。

作業手順 (エアコンAUTOの風量表示)
  • ステップ1
    1クリックコーディング
  • ステップ2
    エアコンAUTOモード時のファン速度の表示
    項目が多く見つからない場合は、検索欄から「エアコン」と入力して検索しましょう。
  • ステップ3
    値を変更
    オン」に変更します。1クリックコーディングでは、オンオフ切り替える度に10クレジットが必要となるので注意しましょう。

②イージーエントリー (1クリックコーディング)

ゴルフRの運転席パワーシート

車を乗り降りする際に、パワーシートが少しだけ前後して乗り降りをしやすくなります。

10クレジット使用して、1クリックコーディングで対応しました。

作業手順 (イージーエントリー)
  • ステップ1
    1クリックコーディング
  • ステップ2
    Easy Entry
    見つからない場合は検索欄から「easy」と入力しましょう。
  • ステップ3
    値を変更
    オン」に変更して有効化します。1クリックコーディングでは、オンオフ切り替える度に10クレジットが必要となるので注意しましょう。
     

上記作業後、ディスカバープロ内の「車両設定」に「シート」という設定情報が追加されます。

コーディング変更 - イージーエントリー

設定項目「シート」に入ると、イージーエントリーの設定を変更できるようになっています。運転席シートにチェックを付けることで、イージーエントリーがオンになりました。

イージーエントリー - 運転席シート設定項目

③デイライトの有効化

デイライトの有効化

皆様に人気であるデイライトを有効化する方法を紹介します。車両設定画面よりオンオフ切り替えが可能です。

なお、以降紹介する作業は全てコントロールユニットからの作業となります。OBDelevenのProライセンスが必要となるので注意してください。

作業手順 (デイライトの有効化)
  • ステップ1
    コントロールユニットのボタン

    コントロールユニットこのようなボタンです。

  • ステップ2
    09 Central Electrics
  • ステップ3
    セキュリティアクセス
    31347」を選択します。
  • ステップ4
    アダプテーション
  • ステップ5
    Aussenlicht Front
    以降では説明を省きますが、各項目で見つかりにくい場合は検索機能を使いましょう。
  • ステップ6
    Fahrlicht bei Tag
  • ステップ7
    デイドライビングライト
    上から2つ目のデイドライビングライト(場合によってはDaytime Running Lights)を選択します。上から3つ目のデイドライビングライトを選択すると、ヘッドライトが点灯するので注意しましょう。

    スライドして書き込みます。

続いて、ディスカバープロにデイライトの設定項目を追加します。

作業手順 (ディスカバープロに追加)
      • ステップ1
        コントロールユニット → 09 Central Electrics
      • ステップ2
        セキュリティアクセス
        31347」を選択します。
      • ステップ3
        アダプテーション
      • ステップ4
        Aussenlicht Front
      • ステップ5
        Tagfahrlicht Aktivierung durch BAP oder Bedienfolge moeglich
        作動」を選択後、スライドして書き込みます。

以上の作業で、ディスカバープロ内の「車両設定」、「ライト」の欄に、「デイタイムランニングライト」の設定項目を追加することができます。

ディスカバープロ デイタイム 設定画面

このままだと、イグニッションオンで常にデイライトが光る設定になります。特別気にならなければ問題ないのですが、デイライトの点灯タイミングを以下のように変更することが可能です。

  1. パーキングブレーキが解除されたタイミングで点灯
  2. ライトスイッチが「AUTO」選択時に点灯

1、2の点灯タイミングに関し、以下より好きな方のみ設定してください。仕様上、併用することはできません。

作業手順
(1. パーキングブレーキが解除されたタイミングで点灯)
  • ステップ1
    コントロールユニット → 09 Central Electrics
  • ステップ2
    セキュリティアクセス
    31347」を選択します。
  • ステップ3
    アダプテーション
  • ステップ4
    Aussenlicht Front
  • ステップ5
    Tagfahrlicht Dauerfahrlicht bei Handbremse abschalten
    作動」を選択後、スライドして書き込みます。

もしくは、

作業手順
(2. ライトスイッチが「AUTO」選択時に点灯)
  • ステップ1
    コントロールユニット → 09 Central Electrics
  • ステップ2
    セキュリティアクセス
    31347」を選択します。
  • ステップ3
    アダプテーション
  • ステップ4
    Aussenlicht Front
  • ステップ5
    Tagfahrlicht nur in Schalterstellung AUTO
    作動」を選択後、スライドして書き込みます。
     

僕のゴルフRヴァリアントは、パーキングブレーキが解除されたタイミングで点灯するようにしています。

担当さんに確認したところ、デイライトを点灯したままディーラーに入庫しても大丈夫と言われたのですが、今のところディスカバープロからオフにして入庫しています。

④シートヒーターの設定メモリー

ゴルフRの運転席と助手席にはシートヒーターがあります。

3段階の設定が可能ですが、シートヒーター使用後、イグニッションをオフにしてから再度イグニッションオンにした際、前回の設定値はリセットされてしまいます。

例えばシートヒーターのレベルを1で使っていて、次回使用時はオフになっている上、ボタンを複数回押してレベル3→2→1と再設定する必要が出てきます。

非常に面倒なので、前回の稼働状況を記憶してくれる設定がシートヒーターメモリーです。

作業手順 (シートヒーターメモリー)
    • ステップ1
      コントロールユニット → 08 Air Conditioning
    • ステップ2
      アダプテーション
    • ステップ3
      運転席シートヒーターステージ保存
      場合によっては「Retantion of Driver’s seat heater level」と表示されるかもしれません。

      作動」もしくは「10分間作動」に変更します。
      ※「10分間作動」は時間経過後オフとなります。

      スライドして書き込みます。

    • ステップ4
      助手席シートヒーターステージ保存
      場合によっては「Retention of passenger’s seat heater level」と表示されるかもしれません。

      作動」もしくは「10分間作動」に変更します。
      ※「10分間作動」は時間経過後オフとなります。
      スライドして書き込みます。

⑤オフロードモニターを表示

オフロードモニターを表示

ディスカバープロに「オフロードモニター」を表示することが可能です。1クリックコーディングにも設定項目があるのですが、僕の車両は上手くいきませんでした…。そのため以下の手順のように、コントロールユニットから変更しました。

作業手順 (オフロードモニターを表示)
    • ステップ1
      コントロールユニット → 5Fマルチメディア
    • ステップ2
      アダプテーション
    • ステップ3
      Car Function LIST BAP Gen2
      Compass 0x15」を「作動」に変更。
    • ステップ4
      Car Function Adaptations Gen2
      Menu display compass」を「作動」に変更。
      Menu display compass over threshold high」を「作動」に変更。
      スライドして書き込みます。

パフォーマンスモニターにオフロードを表示

パフォーマンスモニターに「オフロード」の設定項目が追加されました!やった!

僕の車両ではオフロードモニターに、タイヤの角度、コンパス、標高、水温、油温を表示することができました。

⑥アンサーバック有効化

ゴルフはキーロックした際、無音でガチャン!とロックされます。ロックする際に「ピヨッ!」と鳴った方が確認しやすいですよね!?

アンロック時には「ピヨッ!ピヨッ!」と鳴ります。この音はアンサーバック音が搭載されている車両のみ音が鳴りますが、ホーンを代用することもできます。

動作音はYouTube版をご覧ください。12分35秒以降で動作音を確認できます。

作業手順 (アンサーバック有効化)
  • ステップ1
    コントロールユニット → 09 Central Electrics
  • ステップ2
    セキュリティアクセス
    31347」を選択します。
  • ステップ3
    フィードバックメッセージ信号
    場合によっては「Acknowledgement signals」と表示されます。
  • ステップ4
    ロックで確認音を鳴らす
    場合によっては「Akustische Rueckmeldung verriegeln」と表示されます。
     
    スライドして書き込みます。
  • ステップ5
    アンロックで確認音を鳴らす
    場合によっては「Akustische Rueckmeldung entriegeln」と表示されます。
     
    スライドして書き込みます。
  • ステップ6
    Menuesteuerung akustische Rueckmeldung
    作動」を選択後、スライドして書き込みます。

    この設定でディスカバープロに設定項目が追加されます。
     

車両設定にアンサーバック設定情報追加

「車両設定」→「開閉」と進んだ後、「セントラルロッキングの音声による作動確認」という項目が追加されます。チェックをつけましょう。

⑦サウンドアクチュエーターの音量変更

サウンドアクチュエーターの音量変更

ゴルフRやゴルフGTIは、モード変更によって、車内に擬似的なエンジンサウンドを大きく響かせます。この機能を「サウンドアクチュエーター」と呼びますが、本物のエンジン音とは異なる響きがするため、好き嫌いが分かれます。

サウンドアクチュエーターの音量を0〜100%の間で変更することができます。

0%で完全にオフ、100%で標準の状態となります。僕は当初0%を指定していたのですが、少し寂しい気もして最近は50%を設定しています。

設定方法を紹介します。

作業手順 (サウンドアクチュエーターの音量変更)
    • ステップ1
      コントロールユニット → A9 Structure-Borne Sound
    • ステップ2
      アダプテーション
    • ステップ3
      インパクトサウンドアクチュエーター、ボリューム 
      場合によっては「Volume of structure-borne noise actuator」と表示されます。

      設定したい値を0〜100の間で指定。完全にオフにしたい場合は「0」と入力します。

      スライドして書き込みます。

       
       

⑧凍結警告温度の変更

凍結警告温度の変更

ゴルフは気温が4℃以下の低温になってくると、「♪ポーン」と鳴って、警告を出してくれます。僕が住む埼玉でも冬場は4℃以下となることは多く、頻繁に鳴る場面があります。

ありがたい機能なのですが、時には煩わしくも感じることも。

コーディングで凍結警告温度を以下のように設定を変更します。

開始: 外気温が4℃を下回る → 1℃
解除: 外気温が6℃を上回る → 4℃
作業手順 (凍結警告温度の変更)
  • ステップ1
    コントロールユニット → 17 Dashboard
  • ステップ2
    アダプテーション
  • ステップ3
    セキュリティアクセス
    47115」を選択します。車種によって異なります。
  • ステップ4
    Outside temperature
  • ステップ5
    P ice warning entry temperature
    警告開始温度を変更します。「1」のように希望温度を入力します。
  • ステップ6
    P ice warning exit temperature
    警告解除温度を変更します。「4」のように希望温度を入力します。
  • ステップ7
    スライドして書き込み
     

1度を下回った際に警告音が鳴るようになりました!

⑨ヒルホールドアシストのタイミング変更

ヒルホールドアシストのタイミング変更

坂道発進時などに便利なヒルホールドアシスト機能ですが、時々発進がもたつくように感じています。

ヒルホールド解除のタイミングを変更することで、少しスムーズになったので設定方法を紹介します。

作業手順
(ヒルホールドアシストのタイミング変更)
  • ステップ1
    コントロールユニット → 03 Brakes
  • ステップ2
    アダプテーション
  • ステップ3
    ヒルディセントコントロール
    早い、ノーマル、遅い」の中から希望の値を選択

    スライドして書き込みます。

僕はヒルディセントコントロールのタイミングを「早い」にしました。

スムーズに発進するようになった印象です!

⑩メーターパネルのグラフィック変更

YouTube版では10個目のコーディング変更として「交通標識認識を表示する方法」を紹介しました。僕自身しばらく使っていたのですが、現在は設定した内容をリセットしました。日本の交通標識だと、どうも誤認識やエラーとなる場面が多い印象があり、使わなくなりました。
メーターパネルのグラフィック変更
メーターパネルのグラフィックを変更する方法を紹介します。
 
ゴルフR以外の車種でも320kmメーターを表示できたり、メーターの一部を10km単位で細かく表示することができるようになります。
 
また、車両情報などを表示できる中央のエリアが、少しリッチなグラフィックとなります。

作業手順 (メーターパネルのグラフィック変更)
    • ステップ1
      コントロールユニット → 17 Dashboard
    • ステップ2
      アダプテーション
    • ステップ3
      ディスプレイ表示
      バージョン1〜4の中から選びます。参考画像ではバージョン3を選びました。ゴルフRの場合、バージョン2はバージョン1との違いが見られませんでした。バージョン4は260kmメーターになりました。
       
      もしかするとバージョン1がデフォルトで、ゴルフR以外の車両ではバージョン2でゴルフR表示となる?

      スライドして書き込みます。

 

写真では分かりにくいですが、中央のエフェクトが格好いいです!この設定内容のみ別の動画を撮りました。ぜひ動画で見てください。

まとめ

というわけで今回の記事では、VWゴルフ7.5のコーディング変更を10個まとめてみました。

今後他のコーディングでおすすめできそうなものが見つかれば、また改めて当ブログで紹介します。

YouTubeと当ブログを頑張っていきますので、ぜひ今後もチェックしてください!

 
 
\YouTube版はこちらです/

【PR】
愛車を一番高く買ってくれる業者を見つける方法
愛車を売りたいと思い、ネット上の一括査定サイトを利用すると、沢山の業者から電話がかかってきます。 それぞれ交渉をするのは本当に大変。その労力がもったいないと考える人にオススメのサービスです。 ネット上で査定を申し込んだ後は、電話は1本だけ! 自宅か提携店舗で1度だけ査定を受けるだけでOK。ユーカーパックが提示した情報を基に、全国最大8000店がオークションに入札します!本当の最高額で売却できます。
フォルクスワーゲン自動車
スポンサーリンク
とみっちカーライフ
タイトルとURLをコピーしました