【フォルクスワーゲン】現行型ポロ Polo GTIの運転が楽しすぎた!試乗レポート 後編

【フォルクスワーゲン】現行型ポロ Polo GTIの運転が楽しすぎた!試乗レポート 後編 自動車
スポンサーリンク

今回はポロGTIの試乗レポート後編です。

とみっち
とみっち
管理人のとみっちです!TwitterYouTubeもやってます。

ポロGTIに関するスペックや、外装・内装、ラゲッジルームやエンジンルームに関して触れた全編の記事に関してはこちらからご覧ください。

今回の記事ではライト類を点灯した際の写真や、運転してみた印象を紹介します。

ポロGTIのライト類

ポジションランプ、ヘッドライト

ポジションランプはフォルクスワーゲン初のフルLEDのヘッドライトを採用しています。

きらびやかな発光で、高級感がありますね!

夜に撮影してみるとこんな感じです。

ヘッドライトの中まで鋭角的に作り込まれています。

ゴルフGTIと同じく、フロントグリルからヘッドライドの中まで伸びている赤いラインが特徴的ですね。

thumb_IMG_9626_1024

ヘッドライトの色は真っ白です。フォグランプはハロゲンとなっています。

運転席から見るヘッドライトに照らされた道路を見ると、かなり白いです。

写真で見る以上に白く明るいですね!

ゴルフ5 GTIのヘッドライトはHIDで、当初は明るいなーと感じましたが、それよりも明るい印象です。

夜に運転していても安心だし、気分が良いですね。

ポロGTI 夜間の視認性

テールランプ、ナンバーランプ

テールランプもLEDです。

従来型と形は似ていますが、若干変更しているみたいですね。

ナンバーランプも純正で明るいLEDとなっているのが嬉しいですね。

メーター照明、室内灯

ゴルフGTIと同様、室内のボタン類はどこもかしこも恥ずかしいくらいに光ってくれます!

メーターやエアコン周り以外のスイッチ類があまり発光しない国産車から乗り換えると、あちこち光っているのが感動します

ウィンドウ操作にしてもなんにしても、暗い中でボタンの位置がすぐに分かるから実に操作しやすいです。

よく作り込まれているなーとつくづく感心させられます。

シガーソケットに至っては、周りが円形に赤く光り、さらに開けると中まで明るく光っているという仕様となっています(笑)

残念ながら室内灯はハロゲン球となっていました。

警告灯が点灯してしまうことのあるポジションランプなどとは違い、室内灯は社外品に手軽に交換できるから、気になる人は是非チャレンジして欲しいです。

※適合車種などは十分に注意してください。

スピードメーターやハンドル、ナビ・エアコン周り

スピードメーターや、マルチファンクションハンドルのライトの視認性も抜群です。

暗い中でも操作に困ることはなさそうですね。

エアコン使用時の写真を撮りそびれたけれど、稼働状況は液晶画面に白く綺麗に表示されていました。

エアコンの温度は運転席側と助手席側で左右一律での温度設定となります。

なお、ゴルフGTIは左右独立で温度調整が可能です。

運転してみた印象

操作が軽い!

ポロGTIを運転してみて最初に思ったことは、ハンドルが軽い!アクセルも軽い!ということに尽きます。

僕が乗っているゴルフ5 GTIは、運転に慣れたことからか気にならなくなっていたのですが、ポロGTIを運転した後に運転したところ、ハンドルやアクセルなど色々と操作が重々しい車なんだなと実感しました。

ポロGTIはだいぶ運転しやすい車だと言えます。

こういったスポーティーな車に乗ったことのない人だったり、ただ日常用の足として使いたいだけの人でも、十分に普通の車として乗れるので安心です

ハンドルの直径も小さいし、握った感じも細かったです。

頻繁に右左折するような場面でも、ハンドルが軽くてすごく楽ですね。

ポロGTIはアクセルさえ踏み込まなければ、オシャレなコンパクトカーです。

アクセルを踏み込むと

ごくごく普通の車として扱えるポロGTIですが、ひとたびアクセルを踏み込むと別世界に誘ってくれます。

192PS/5,400‐6,200rpm250Nm/1,250‐5,300rpmと、低回転からトルクを発生させてくれるセッティングとなっていて、力強い加速をしてくれます。

車重も1,240kg程度と軽く、ゴルフ5GTIよりも鋭い加速を体感できました。

現行型のゴルフGTIよりも、体感できる加速感はいい!という人もいるくらいです。

空いている道を気持ち良く加速したら、本当に幸せな気持ちになりました。

僕が昔乗っていた日産S13シルビアのK’s(ブーストアップ仕様)を、初めて運転した時の、あのターボに初めて出会った加速感と運転の楽しさを思い出しました。

DSG

ポロGTIには最近MTも追加されたけれど、ATも十分に楽しいです。

ポロGTI DSG

なぜなら、ATのミッションはフォルクスワーゲンの技術の結晶DSG(ダイレクトシフトギアボックス)となっているからです

7速DSG(R)トランスミッション M/Tトランスミッション

乾式多板構造をもつデュアルクラッチシステムを採用した7速トランスミッション。DSG(R)トランスミッションではシフトチェンジの際、片方のクラッチが離れた瞬間にもう一方のクラッチがオーバーラップするように接続。わずか0.03~0.04秒*というレーシングドライバーを しのぐほどのシフトチェンジと切れ目のない滑らかな加速を実現します。また、よりダイレクトな走りのフィーリングが得られるマニュアルトランスミッションの選択も可能。クルマを自分の手足のように操れる、一体感のあるスポーツドライビングを愉しむことができます。

[引用]フォルクスワーゲン

簡単に言うとクラッチのないMT車と思ってもらっていいです。

パドルシフトを使ってシフトチェンジすると意のままにシフトを操れ、人馬一体感を味わえます。

普通のCVT車と違って、スパスパと一瞬でシフトが切り替わるから気持ちいのなんの…!

DSGは、家庭の事情でマニュアル車からオートマ車への乗り換えを余儀なくされても運転の楽しみは捨てきれない!という人におすすめできるんですよね。

足回り

多少の突き上げ感はありますが、硬めなのに乗り心地がいいです

タイヤはコンチネンタルのコンチプレミアムコンタクト2 215/40R17を履いているから、決して柔らかいタイヤではないのです。

もっと柔らかいタイヤにすれば乗り心地はさらに良くなることでしょう。

ゴルフ5 GTIのサスペンションは、コンフォート系のタイヤに履き替えていても、少し突き上げ感は気になります。

とは言え、乗り心地は人によって感じ方は様々だし、購入を検討する際には是非念入りに試乗してじっくり検討してほしい点ですね。

高速道路

高速道路への侵入も余裕の加速力。あまり踏み込むと理性もあっという間に置いていかれるので、ちゃんと同乗してくださいね。

硬めの足周りも手伝って、路面を吸いつくようにグイグイと加速します。

ポロGTIの得意な加速域って、高速道路のような速い速度域なんだなーと実感する。

試乗時はあいにく関越自動車道が混雑していて、車線変更やパドルでのシフトチェンジなどをあれこれと試せなかったのが残念でした。

ポロGTIの燃費

欧州車は日本の混雑した市街地では途端に燃費が悪化してしまいます。

混雑している時の燃費は8km/L程度でした。短時間の運転が続いたので、実際には市街地の走行では10km/L程度の燃費になるのではないでしょうか。

夜間、空いている道を常識的な速度で気持ち良く走って12.4km/Lでした。

ポロGTI 燃費

恐らく、通常の使用範囲では、14km/L前後、道路が空いていて長時間の運転がメインの人は、カタログ数値である17.2km/Lに近い燃費となると予想されます。

マルチファンクションが楽しい

マルチファンクションに表示される内容が多く、便利で楽しいですね。

「平均燃費」や「瞬間燃費」はもちろんのこと、

バッテリー残量

ポロGTI マルチファンクション バッテリー残量

エンジンオイルの温度

ポロGTI マルチファンクション 油温計

そして、なんとストップウォッチまで搭載されています。さすがはGTIですね。

ストップウォッチ

ポロGTI マルチファンクション ストップウォッチ

ここでブースト計が確認できればさらによかったですね…!

まとめ

現行型のポロGTIを試乗する機会に恵まれたので、前編後編でお届けしました。

乗ってみて、正直ポロGTIをなめていました。

ゴーカート感覚とはよく言われますが、本当にその通りでパドルシフトで意のままにDSGを操って、低回転からトルクフルな加速を味わえるポロGTIは素晴らしかったです。

運転するのに重々しい操作感は必要なく、日常の足としても気軽に乗れる車です。

DSGモデルで337万9千円〜と少々高額にはなりますが、見合う価値は十分に感じられました。

タイトルとURLをコピーしました